-

協会概要

 島根県盲人協会は、終戦後間もない昭和23年、ヘレン・ケラーの来日が実現し、それを機会に当時全盲で県議会議員でもあり、また、島根県の連合青年団長でもあった高尾正徳氏を中心に、県内の盲人有志によって会設立の準備が進められ、翌24年の春、「島根県盲人協会」が誕生しました。
 本会は昭和34年に第12回全国盲人福祉大会、昭和44年に第14回全国盲婦人大会、昭和49年に第20回全国盲青年大会、更に平成9年8月には第43回全国盲青年研修大会、平成23年には第64回日盲連全国大会、平成30年には第64回全国盲女性研修大会を開催しました。
 平成25年には「公益社団法人島根県覚障害者福祉協会」と改称し、現在に至っています。
 この間、当協会初代会長の高尾正徳は昭和47年に日盲連第4代会長に、現会長の小川幹雄は平成28年に日盲連副会長に就任し、全国の視覚障がい者の福祉増進、社会的地位の向上に尽力しています。

会長挨拶

小川幹雄

会長 小川幹雄

もっと詳しく

定款

定款

役員

あん摩等法に関する特別決議概要

学校法人平成医療学園(以下、「平成医療学園」という)は、自らが設置経営する3校の養成施設と大学のあん摩マッサージ指圧師養成課程の新設認可申請が不認定とされたことを不服として、国を相手にその不認定処分の取り消しを求め訴訟を提起した。

もっと詳しく

あゆみ