島根県視覚障害者福祉協会

島根県視覚障害者福祉協会の歩み  2010年(平成22年)〜

 

2010年(平成22年)

 
☆県視障協関係
6月 島根県視覚障害者福祉大会および島根県視覚障害者福祉協会定期総会を浜田市で開催。
   島根県銀行協会への陳情で、窓口での送金手数料をATM料金と同額にし、窓口での代読・代筆を行員が行うことの回答を受ける。
   翌年開催の全国大会の視察で、秋田大会に9名参加。
   島根県身連活性化事業の助成で視障協紹介のチラシを作成。
★その他のできごと
4月 島根県職員に全盲者が採用され、業務処理のサポートも認められる。
   視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」の運用開始。
   名古屋地裁が点字の訴状を受理。


2011年(平成23年)

 
☆県視障協関係
4月 島根県視覚障害者福祉協会定期総会を松江市で開催。
6月 第64回全国盲人福祉大会を松江市で開催。全体で1600名。東北被災県からも代表者参加。4月総会と大会時に支援の募金箱を置く。実行委員会4回。
   全国視覚障害者情報提供施設協会あさひ事業所点訳化音訳化の修了式が年2回あり、役員を派遣。
★その他のできごと
3月 東日本大震災発生。
4月 先天性の盲聾者で音声での会話が出来ない森敦史さんが初めて大学へ入学。
6月 障害者虐待防止法制定。
7月 テレビ地上波がアナログからデジタル放送へ移行。
10月 同行援護事業開始。浜田市でハイブリッド車体験会。


2012年(平成24年)

 
☆県視障協関係
6月 島根県視覚障害者福祉大会を益田市で開催。島根県視覚障害者福祉協会定期総会で公益法人の定款および初期の理事・監事を選任。
9月 ボラ連協との交流会、しまね神話博を見学。
12月 野津春雄副会長が厚生労働大臣表彰受賞。
   JR旧大社駅でホームなどの勉強会。
  島根県への陳情で、県民に対し主に柔道整復師業の保険につき正しい内容が広報される。
★その他のできごと
5月 東京スカイツリー開業
12月 自民党に政権交代。


2013年(平成25年)

 
☆県視障協関係
4月 公益法人の認可を受け、4月1日より公益社団法人島根県視覚障害者福祉協会となる。会長、小川幹雄。事務局をライトハウスライブラリーに委嘱し、事務局長山本正敏を任命。
6月 県視覚障害者福祉大会および島根県視覚障害者福祉協会定期総会を安来市で開催。JR安来駅に誘導チャイム設置。
5月 日盲連中国ブロック・グランドソフトボール大会を松江海洋センターで開催。
   隠岐警察署への陳情で点字入りパトロールカードが製作・活用される
9月 中国ブロック盲人福祉大会を松江市で開催。計4回の実行委員会。
   青木恒次理事が旭日単光章受賞。
   島根県西部視聴覚障害者情報センターの事業推進連絡会議に毎年役員を派遣。
★その他のできごと
5月 補装具中、白杖は同時に2本の支給が可能に。視覚障がい者用地デジ対応ラジオが日常生活用具に指定。
6月 障害者差別解消法が制定される。施行は平成28年4月1日。


2014年(平成26年)

 
☆県視障協関係
2月 中国ブロック代表者協議会をライトハウスライブラリーで開催。その際、フィリピン台風災害募金を実施。
   東日本大震災に学ぶ防災研修会〜岩手県より震災語り部を招き講演と質疑。
4月 第1回福祉研修会 〜障害福祉施策の動向について。
5月 日本身体障害者福祉大会が松江市で開催され、永島幸子監事が大会会長表彰受賞。
6月 第67回全国盲人福祉大会大分大会で、小川志身子女史が「光の泉賞」受賞。
6月 島根県視覚障害者福祉大会および島根県視覚障害者福祉協会定期総会を大田市で開催。
9月 第2回福祉研修会 〜同行援護事業について
10月 ボラ連協との交流会、赤来高原リンゴ園。
   大田市で開催された島根県防災訓練に初めて身体障害者が参加。
12月 小川幹雄会長が厚生労働大臣表彰受賞。
   県視障協ホームページを開設。
★その他のできごと
1月 障害者権利条約が批准される。
4月 消費税率が8パーセントに引き上げられ、年金受給者等には一時金を給付。


2015年(平成27年)

 
☆県視障協関係
3月 島根県が長年の要望に応えて、あはき届出施術所証明ステッカーの無料配布を開始。
6月 島根県視覚障害者福祉大会および島根県視覚障害者福祉協会定期総会を雲南市で開催。任期満了に伴う理事の改選及び正副会長の選任の結果、25名の理事が選任され、会長に小川幹雄氏が再任される。
7月 厚生労働省免許保有証交付申請窓口を事務局に開設。交付申請数は都道府県視障協の中では全国3位の56件に上る。
9月 福祉研修会 〜マイナンバー制度について
★その他のできごと
2月 国家公務員試験に点字・音声併用試験導入が決定。島根県でも平成28年度採用分から導入実施。
   障害者差別解消法に基づく「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」が閣議決定。
10月 徳島県内で後進警告音装置を解除したトラックによる視覚障害者の死亡事故発生。これを契機に各地で装置の使用を義務付ける法制化運動の機運が高まる。


2016年(平成28年)

 
☆県視障協関係
4月 障害者差別解消法が施行される。
    福祉研修会 〜障害者差別解消法の施行に伴う島根県職員の対応要領について
6月 島根県視覚障害者福祉大会および島根県視覚障害者福祉協会定期総会を江津市で開催。その際、熊本・大分地震被災者支援募金を実施。
★その他のできごと
4月 島根県が障害者差別解消法の施行に伴い職員の対応要領を決定。
   熊本・大分地震発生。
6月 英国がEU離脱を国民投票で決定。

トップページへ戻る